海外旅行における便秘解消法

特に女性にとって、便秘というのはその患者が多くなっています。
便秘というのは、ストレスや食生活が大きく影響してきています。
現代社会はストレス社会でもあります。

また、食生活も昔とは大きく変わってきていますので、便秘になる要因が増えてきています。

便秘

その要因が顕著に現れてくるのが、海外旅行です。
海外旅行のときには、体に相当のストレスがかかります。
なんといっても慣れない環境です。

慣れない環境でも旅行は腸にも多くのストレスがかかります。
食生活においてもそうです。
食生活は日本と比べて肉の割合が多いです。
肉食の場合、便秘になる確率が増えてきます。

では、海外旅行で便秘解消をするにはどうすればいいのでしょうか。
まずは食生活を変えてみましょう。
朝食はホテルで取ることが多いと思います。

cfdr

そのとき、積極的にオレンジジュースや牛乳、そしてヨーグルトを取るように心がけましょう。
もし野菜のビュッフェが朝食で用意されているようならば、それも活用しましょう。
外食をする場合でも、野菜は積極的にとるようにしましょう。

生野菜は衛生上摂取しないほうがベターとされているので、煮込み料理の野菜を取るようにしましょう。
もし、それでも便秘解消ができないのならば、薬の力を借りるしかありません。

最初は乳酸菌系の整腸剤を使うようにしましょう。
それでも解消されないようであれば便秘薬を、それでも便秘が解消されなくておなかが痛いような場合には、浣腸を使用しましょう。

参考:http://www.benpisayonara.com/
ひどい便秘解消ガイド~便通を良くする方法~

 

便秘解消のコツ

夏はお盆休みを利用して旅行に行く方も多いですね。
旅行に行くとおいしいものをついたくさん食べてしまいます。
そして、友人と同室だったり、移動ばかりでタイミングを逃してしまったりでトイレに行けないというのが悩みです。

トイレに行きそびれていると旅行中一回も便が出ないという事もあります。
さらに夏は水分不足。
汗をかいてしまい、きちんと水分をその分補給しないと便はどんどん固くなってどんどん便秘になってしまいます。

toilet

実は便秘解消のコツは何と言っても毎日同じ時間にトイレに座ることです。
体の中には時計があります。
自然と体はこのタイムスケジュールにのっとって動いているのだそうです。

同じ時間に同じタイミングでトイレに行くようにしていれば規則正しい排便が期待できるのです。
さらに午前中は排便がしやすい時間帯だそうです。
さらに便秘解消には水分をたくさん摂ることも大事です。

水分は便を柔らかくして排便しやすくしてくれます。
たくさん水分を飲むことで腸の動きも良くするのでオススメです。
さらに食物繊維を含んだ食べ物をたくさん食べることも大事です。

そもそも、食べる量の少ない人はその分便のかさも少ないので排便しずらいのです。
たくさん食べる人は便の量もたくさんありますからより排便につながるというわけです。

食物繊維はローカロリーなうえに食べ物のかさを増やしますから便が出やすくなるのです。
消化されない食物繊維は腸の宿便を取るなどの掃除までしてくれます。

 

気になる吹き出物を一週間で治す!吹き出物は早く治すことが肝心
東京の病院で働きたい看護師の方に 看護師求人 東京 高収入