羽子板の起源と様々なデザイン

Posted on

⒈羽子板の歴史

羽子板は、蚊を食べる蜉蝣を模造して作られた胡鬼子とも呼ばれる羽を突く事から胡鬼板と呼ばれ、室町時代以前より正月の風物詩として定着していました。

また、羽子板は平安時代の宮中で行われていた毬杖が起源とされ、宮中で行われていた蹴鞠や盤双六などと同様に中央アジアから中国を経て伝えられた文化とされています。

第45代聖武天皇の治世時には、神亀4年に太政大臣高市皇子の長男である長屋王関連の皇族が春日野で毬杖の起源とされる打毬を楽しんだ記録があり、第54代仁明天皇の治世時には豊徳殿に招いた渤海の使者の前で打毬を披露されている事から1300年を超える歴史がある風習です。

毬杖は、木の枝をゴルフのパターのヘッド部分を大きくした反り返った打棒で毬と呼ばれる木製の丸い玉を打ち合う皇族や貴族の遊びであり、毬は羽の様に軽く無くゲートボールの玉とソフトボールの中間の大きさの木製の丸い玉です。

毬杖は、幅約10mかつ長さ約24mのコートを2分すると共にセンターラインの左右3mをセーフティーゾーンとし、現在では3対3で打ち合う競技とされています。

羽子板の対戦では、羽根を落とした方の顔に墨で落書きするのが定番となっていますが、民間に普及するに従って競い合う意味合いが薄れると共に相手の無病息災を祈るものに変化した儀式です。

羽根は、無患子と表記する70cmの偶数羽状複葉のムクロジの大きな球状の種子に鳥の羽根を付けて制作した事から、子が病気を患無いの語呂合わせが医療未発達の奈良時代や平安時代には珍重されたとされています。

⒉顔を黒く塗る意味とは?

顔への落書きは、奈良時代や平安時代の人々が恐れていた邪気や病魔に対して退魔や浄化作用を有すると考えられていた黒色の墨を持ちいたと考えられ、無病息災を祈る羽根を落下させた不吉な状態も黒色の墨を塗る事で邪気や病魔を避ける事が出来ると考えられていた様です。

現在では、正月の街角で見かけなくなっただけで無くテレビのバラエティー番組でも顔に墨を塗る罰ゲームを見かける事が無く、日本古来の重要な慣習が年々失われています。

毬杖は、左義長の原意や3本の毬杖の意味もあり、宮中の清涼殿南庭では正月の15日及び18日に吉書や扇などを焼く儀式である三毬杖の語源ともなっています。

民間では、三毬杖がどんど焼きやさんくろう焼きなどの起源となり、正月に門扉に並べ置く門松や軒先に飾られる注連縄などを燃やすと共に無病息災を祈願して餅を焼いて食べる風習です。

毬杖は、ゴルフと同様に右利きが一般的である事から左利きのプレーヤーを左毬杖と呼んだ経緯があり、左毬杖「ひだりきっちょ」が左利き「ぎっちょ」の語源とも言われています。

⒊江戸時代に入ると魔除けや厄除けの意味を持つようになった

第102代後花園天皇の父である伏見宮貞成親王が記したとされる「看聞日記」では、毎年宮中で新年1月5日に胡鬼板の大会が催されたとされていますが、時代が進むと共に徐々に厄除けや女性への贈り物として変化した経緯があります。

しかし、江戸時代に入ると魔除けや厄除けの意味も込めて正月の子供達の玩具となり、現在ではその年を代表する著名人を形取った物や観賞用の高級な物が主流となっているのが現状です。

2017年は、秋篠宮眞子様と小塚圭の祝御婚約や連勝記録を樹立した藤井総太4段がモチーフの天才中学生現るなどの図案が制作され、2016年には2017年に栄和人をパワハラで訴えた伊調馨選手の栄誉の4連覇や内村航平選手と白井健三選手がモチーフの後継者は俺だなどの図案が制作されました。

羽子板には、道成寺や浅妻だけで無くまり踊りや藤娘及び汐汲などの種類があり、他にも似顔絵や世相及び男役者などの種類があります。
道成寺は、僧侶の依頼で釣鐘の前で舞った鐘供養に訪れていた白拍子の花子の姿が描かれている伝統のデザインであり、金箔や銀箔に彩られた額に入れられた観賞用の高級品が多いデザインです。

⒋自分の好みに合うデザインの羽子板を探すのも楽しい

浅妻は、第5代将軍徳川綱吉の生類憐みの令で三宅島流刑となった英一蝶の作品を舞踏化した浅妻の里の舟女が描かれた伝統のデザインであり、道成寺と同様に観賞用の高級品が多いデザインでもあります。

まり飾りは、初めて新年を迎える女の子に贈られる縁起物に用いられるデザインであり、添えられた華やかな飾り鞠の様に美しいだけで無く丸く健やかに育つ願いが込められているデザインです。

藤娘は、藤の名が表す様に薄紫色の藤の花が一面に咲き誇る様な華やかなデザインであり、笠にデザインされている一枝の藤がピンポイントとなっています。

汐汲みは、歌舞伎や日本舞踊の長唄や常磐津の掛け合いで知られる有名なシーンを描いたデザインであり、第51代平城天皇の長男であると共に日本各地で浮名を流した平安時代きってのプレイボーイである有原行平を慕う海女の松風が描かれている哀愁を感じるデザインです。

羽子板は、現在も縁起物としての人気が高く毎年購入している方も多く、自分の好みに合うデザインの羽子板を探して購入するのも楽しいと思います。

・・・岩槻人形優良店会 特選 羽子板


ZOZOTOWNの事業内容

Posted on

●ZOZOTOWNの展開する事業内容

ZOZOTOWNは、株式会社ZOZOOが運営するアパレルのオンラインショッピングサイトで、輸入レコードやCDのカタログ販売をきっかけにはじまりました。

テレビCMなどで広告が展開し、物流においてはアウトソーシングをしないですべて自社で行っています。

取り扱っているブランドは6800以上あり、日本で最大級のファッション通販サイトとして知られており、常時65万点以上の商品アイテム数と毎日平均で3100点以上の新着商品が掲載されているのが大きな特徴です。

ZOZOTOWNは、即日配送サービスやギフトラッピングサービスを行っており、ファッション市場全体の活性化に貢献しいます。

また、ZOZOTOWNは受託ショップや買取りショップ、ZOZOUSEDの3つの事業形態で構成されており、受託ショップでは、ZOZOTOWN内にテナント形式で出店する各ブランドの商品を受託在庫として預かります。

2018年3月末の時点で1105店のショップの展開に成功し、決済された商品代金のうち各ショップから支払われる受託販売手数料の相当額が売上高となっています。

買取りショップは、複数のブランドから商品を仕入れZOZOTOWN内の運営ショップで販売する形態となっており、2018年3月末で6店のショップを展開しました。

個人のユーザーなどから中古ファッションの商材を買取って販売するZOZOUSEDは、買取り型の事業に加えてマーケットプライス型の事業も開始しています。

●買取りや幅広いアイテムに対応したサービスも人気

買取りサービスは、査定や梱包資材、送料、振込手数料などの費用がすべれて無料で専用の梱包素材が届いたら商品をつめて送るだけですから気軽に利用することができます。

査定金額は、実績とデータに基づいて経験が豊富なバイヤーによって適正な査定が行われます。

会員の方には、ポイントを受け取ることも可能で査定額も5%アップします。

買取り商品の取り扱いブランドの数は8000点以上で洋服以外のアパレル小物の買取も可能です。

購入から3年以内の最新アイテムで綺麗な状態の商品は、査定額があがります。

ファッションアイテム以外のコンタクトレンズや化粧品、雑誌の付録品など定価が3000円以下のアイテムの買取は行っていませんので注意が必要です。

ハイブランドのインポートブランドの場合は、保証書や国内代理店のタグがない一部の商品も買取ってもらえない場合があります。

株式会社ZOZOの自社企画アパレル商品を販売する事業では、ZOZOが開発した体型計測ディバイスを希望するユーザーに無償で配布してその計測結果から最適なサイズの商品を提供することを可能にしました。

注文者の年齢や体型、好み、SNSなどの情報を徹底的に分析して株式会社ZOZOの担当者がその人にピッタリな試着品を数着配送してくれるおまかせ定期便というサービスも展開しています。

このサービスは、デザインはトレンドのものから厳選されており、季節や場所を選ばない万能なアイテムまで幅広く対応し、利用者の好みもよく考慮されている人気のサービスです。

返却期限が設定されていますので、返却期間を守って試着する必要がありますが自分に似合うアイテムをしることができるでしょう。

●キッズ向け商品や便利な受取りなど利用しやすいのも売り

商品のカテゴリーによって異なりますが、ひとつの商品あたり数千パターンのサイズ幅を展開し、需要が見込まれるサイズに関しては受注を受け次第すぐに発想ができる体制を整えています。

その他のサイズの場合でも、2週間以内の短い納期で商品を提供できるような体制が整えられているのが特徴です。

ZOZOTOWNは、レディースやメンズ以外にもキッズ向けの商品も取り扱っており、即日配送以外にもしていしたコンビニエンスストアや宅配業者の営業所など都合の良い時間帯に商品の受け取りをすることもできるので忙しい谷尾和昭さんもよく利用しているそうです。

万が一、サイズが合わなかった場合、衛生商品など一部の商品以外は、商品の到着後7日以内の未使用品であれば返品することも可能です。

お買い物をすると、税抜きの商品代金の1%がポイントとして還元されますので、1ポイント1円で次回以降のお買い物の際に使用することができます。

さらに、ZOZO専用のクレジットカードを利用するとポイントの還元率は2%となっておりよりお得にお買い物ができるでしょう。

商品の検索方法に便利な検索機能が搭載されていますので、お気に入りのカテゴリーやブランドから商品を閲覧することができます。

注目のファッション情報や新しく入荷された商品を知ることができるメールマガジンのサービスも提供しています。

トレンドのファッションアイテムをセール価格で購入することが可能な期間限定のキャンペーンや割引クーポンも毎日配布されていますのでこまめにチェックしておくとお得に利用することができます。

数量限定のアイテムや先行受注会の商品は、予約商品として注文を受け付けていますので、その際は納期をよく確認して注文することが大切です。


お墓を永代供養にするメリットとデメリットとは何か

Posted on

永代供養墓のメリット・デメリットについて

お墓を永代供養にするメリットは何かというと、色々あります。
まずお墓の後継者が1人もいない状態でも申し込む事が出来るという点です。

理由はお寺や霊園が責任を持って定期的に供養や管理をしてくれるからです。
その為、もしその後に遺族が誰もお参りに来なかったとしても、無煙仏になる事はないので助かります。

また宗教の宗派等が問われる事がないというのもメリットです。
永代供養の場合、納骨の時に特に宗派を問う事はほとんどありません。

その為、無宗教の人でも気兼ねする事無く申し込む事が出来ます。
お寺や霊園によってはキリスト教や神道を信仰している人でも受け入れている所があるので、気になる人は探してみると良いです。

他にも、生前から申し込む事が出来るというのも魅力の一つです。
身内が周りに誰もいない場合、生前から自分の入るお墓を自分で選び、決める事が出来るというのは非常に助かります。

通常の個人的なお墓と比べて価格が安い

そして支払いも契約時に支払うので、死後に遺族がいた場合、誰かにお金の面で迷惑をかける心配もありません。
ただ、生前に申し込んだ場合は、年会費や管理費が必要になる寺院もあるので、事前に確認をしておく必要があります。

あと一般的なお墓と比較して費用が安いというのも大きなメリットです。
個人墓の場合は、別途費用がかかりますが、そうでなければ基本的に墓石代は一切かかりません。

また一式料金を支払ってしまえば、その後は管理費やお布施等をいちいち支払う必要がないので非常に楽です。
一式料金とは、申し込む時に支払うお金の事で、永代供養料や場所使用料、納骨料にお布施、生前に申し込む場合は入会費、個人墓を希望する人は刻字料と墓石料の事をまとめて指します。

費用は安ければ10万円以下の所もありますので、とにかく安くしたいのであれば色々調べてみると良いです。

一般的なお墓参りと意味合いが変わってくる可能性がある

一方デメリットもいくつかあります。
まずお墓参りの意味がよく分からなくなるという点です。

一般的なお墓参りは、寺院の敷地内に土地を借りて、家や個人の墓石を建てるという形式がほとんどです。
しかし永代供養墓は、墓石の掃除をしてから、花やお供え物を置いて、線香を立てて手を合わせるという従来の形とは大きく異なる為、従来のような形式を想像していると戸惑う可能性があります。

特に先祖代々の敷地であったり、墓石に対して強いこだわりや思いを持っている人にとっては、お墓参りしている意味がよく分からなくなる可能性があるので注意が必要です。

逆に、それ程頻繁にお墓参りをするのが難しい人や、墓石自体にこだわりのない人にとっては合っています。
もちろん永代供養墓といっても色々形式はあり、きちんと骨壷や位牌と向き合って、お線香をあげる事が出来るような所も沢山あるので、こうした形式にこだわりたい人はそちらを選びましょう。

一度合祀されてしまうと二度と遺骨を取り出す事が出来ない

また、一度合祀されてしまうと二度と遺骨を取り出す事が出来ないというのもデメリットの一つです。
何故なら遺骨は、一定の年月が経つと、他の個人の骨と一緒に合わせて納骨され供養されるのがほとんどだからです。

一定の年月といっても様々で、長い場合は50回忌の法要が終わるまできちんと管理してくれるところもあれば、早ければ数年という所もあります。
中には最初から合祀してしまう寺院もあります。

その為、一度合祀されると、どの骨が遺骨なのか判別出来なくなる為、取り出す事は出来ませんし、見ず知らずの人の遺骨と一緒に埋葬される事に抵抗を感じる人は止めておいた方が良いです。

とにかく合祀してしまうと、もう後戻りは出来ないので、後に子供や孫が新しいお墓を作ったのでそこに入れたいと思っても出来ないという事はよく知っておくべきです。

どうしても合祀されるのは嫌だという人は、費用によっては半永久的に個別に遺骨を管理してくれるところもありますので、墓石はいらないが、他人の遺骨と一緒になるのは嫌だという人は、そうした寺院を探しましょう。

親族の理解をどのように得るかもポイントになる

他にも、親族の理解を中々得にくく、きちんと家族間で合意をしておかないと後々トラブルになりかねないという点もデメリットです。
お墓の問題は個人の問題ではなく、家族や親族の問題でもあります。

たとえ自分が望んだとしても、勝手に申し込みをしてはいけません。必ず子供や孫といった家族や親戚等の合意が必要です。
特にお墓を既に持っているのに、それを全て引き払うという事になると、大きくもめる可能性があるので、話し合いをするというのは絶対条件です。

自分が死んだ後に子供に負担をかけたくないという気持ちも分かりますが、子供にも考えはあるので自分一人で突っ走らないようにしましょう。
永代供養は近年増え始めてはいますが、それでもまだまだ世間に浸透しているとは言えません。

先祖代々の墓を守ってきた人や信心深い人にとっては、否定的な考えを持っている人も少なくありません。
こうした否定的な考えを自分の家族や親戚が持っている可能性もあるので、とにかくよく話し合って、どうするかを決めていく事がトラブルを避ける最善の方法です。

 

※横浜で永代供養墓をお探しなら我逢人がおすすめ


地震による火災を防いでくれる感震ブレーカー

Posted on

地震対策は行う必要がある

世界でも有数の地震大国である日本では、毎年大規模な地震が起きています。

一昔前までは地震が起きる地域は国内の一部で、多くの地域では人命を奪うような大地震は起きないと言われていましたが、今ではそのような考え方は通用しません。

建物が倒壊し人命や財産を奪う地震は、日本国内ならどこでも起きる可能性があるという考え方が常識です。
ですから建物はしっかりと地震対策をして、安全性を高めておかなければいけません。

地震対策としてまず始めに行うのは、建物の倒壊を防ぐ耐震性を向上させることでしょう。
大地震が起きても建物が倒壊しないほど強度を上げたり、地震の揺れを少なくする免震構造にするなどです。

耐震性を上げたり免震構造を取り入れている建物なら、大地震が起きても倒壊する可能性は減らせます。
建物の倒壊を防げば室内で命を落としたり怪我をしたりするリスクも減らせるので、国が耐震基準を設けて強度を上げるようにしています。

地震で怖いのは大規模な火災

しかし巨大地震において命や財産を奪う原因は、建物の倒壊だけではありません。
火災も命や財産を奪う大きな原因の一つで、1995年の阪神・淡路大震災では大規模な火災が発生し多くの市民が死亡しました。

大地震が起きたときに火災が発生すると、消防が機能せず満足な消火活動を行うことができません。
そのため延焼を繰り返し被害の範囲が拡大していくので、まずは火災を起こさせないことが大切になります。

地震によって火災が起きる原因の一つは、電気です。
ショートした電気が周囲のものに燃え移り、そこから大きな火災に発展することがわかっています。

また大地震が起きると送電施設を点検するために、電力会社は意図的に停電させます。
停電して問題となるのは、電力が復旧したときです。

電力が復旧したときに倒れた電化製品が原因で火事が起こり、そのまま大規模火災が発生することもあります。
実際に阪神・淡路大震災で起きた火災の原因は、停電から復旧したときの二次災害が6割に達したと言われています。

二次災害を防ぐために効果的なのが感震ブレーカー

通常なら停電して復旧しても、危険な電化製品は倒れておらず火災が起きる可能性は低いです。
また地震直後は住民も避難をし、室内は荒れた状態になりブレーカーもそのままでしょう。

ですから停電から復旧したときに二次災害が起きる危険性は高く、あらかじめ備えをしておかなければいけません。
電気が復旧したときの二次災害を防ぐために効果的なのが、ネオコーポレーションなどの企業が提供している感震ブレーカーです。

※参考ページ
ネオコーポレーション 評判

感震ブレーカーは震度5強以上の巨大地震が起きると、加速度センサーで感知し分電盤の主幹ブレーカーを強制的に遮断します。
そのため住民が避難をするときにブレーカーを切り忘れても、すでに遮断してあるため電気が復旧したときに二次災害が起きるリスクは減らせます。

耐震性を高めて巨大地震から建物を守ることができても、火災への備えが脆弱では被害を完全に防ぐことはできません。
地震対策と言えば建物を強くする耐震性ばかり考えてしまいますが、火災を起こさせないためにも感震ブレーカーは設置しておくべきでしょう。

感震ブレーカーは大手電機メーカーから発売されており、様々な機能が付いています。
例えば夜中に地震が起きたときにすぐに電気をストップしてしまうと、暗闇の中で避難しなければいけません。

地震が起きた後は部屋中煮物が散らばっていて危ないですから、暗闇の中避難するのは危険性がかなり高いと言えるでしょう。
そのため大手電機メーカーでは、一定時間後にブレーカーを落とす仕組みを設けています。

地震が起きてすぐにブレーカーを強制的に落とすのではなく、電力が供給されていれば数分後に停電させることによって、住民が安全に避難できる時間を確保しています。

説明書を見ながら専門知識がない人でも設置可能

また取り付けも非常に簡単で、専門業者を利用せず一人でできる製品が多いです。
専門業者に取り付けを依頼するとなると、大がかりな工事をイメージし建物に導入しにくいでしょう。

しかし実際は工具も不要で取り付けられる製品が多く、説明書を見ながら専門知識がない人でもできます。
自分で取り付けるタイプならわずか数千円で購入できますから、建物の安全性を保つために必要な出費としては、破格の安さと言えるでしょう。

もちろん購入時には建物に適した製品を選ぶためにある程度の専門知識は必要ですが、ネット上には選び方の解説をしていたり、各社の感震ブレーカーを比較しわかりやすく説明するサイトもあります。

こうしたサイトを見て情報収集をしつつ、販売店のスタッフに質問をすれば迷わず最適な製品を選べるでしょう。
住宅を建てるときは、耐震性を上げて巨大地震に備えるという考え方は一般的になりました。

そのため最近では耐震基準を参考に住宅を選んだり、住宅メーカーや工務店も大々的に宣伝しています。
しかい地震による被害は、揺れだけではありません。

火災も命や財産を奪う大きな原因となるので、本当に被害の少ない建物にするなら感震ブレーカーを設置しましょう。