お墓を永代供養にするメリットとデメリットとは何か

Posted on

永代供養墓のメリット・デメリットについて

お墓を永代供養にするメリットは何かというと、色々あります。
まずお墓の後継者が1人もいない状態でも申し込む事が出来るという点です。

理由はお寺や霊園が責任を持って定期的に供養や管理をしてくれるからです。
その為、もしその後に遺族が誰もお参りに来なかったとしても、無煙仏になる事はないので助かります。

また宗教の宗派等が問われる事がないというのもメリットです。
永代供養の場合、納骨の時に特に宗派を問う事はほとんどありません。

その為、無宗教の人でも気兼ねする事無く申し込む事が出来ます。
お寺や霊園によってはキリスト教や神道を信仰している人でも受け入れている所があるので、気になる人は探してみると良いです。

他にも、生前から申し込む事が出来るというのも魅力の一つです。
身内が周りに誰もいない場合、生前から自分の入るお墓を自分で選び、決める事が出来るというのは非常に助かります。

通常の個人的なお墓と比べて価格が安い

そして支払いも契約時に支払うので、死後に遺族がいた場合、誰かにお金の面で迷惑をかける心配もありません。
ただ、生前に申し込んだ場合は、年会費や管理費が必要になる寺院もあるので、事前に確認をしておく必要があります。

あと一般的なお墓と比較して費用が安いというのも大きなメリットです。
個人墓の場合は、別途費用がかかりますが、そうでなければ基本的に墓石代は一切かかりません。

また一式料金を支払ってしまえば、その後は管理費やお布施等をいちいち支払う必要がないので非常に楽です。
一式料金とは、申し込む時に支払うお金の事で、永代供養料や場所使用料、納骨料にお布施、生前に申し込む場合は入会費、個人墓を希望する人は刻字料と墓石料の事をまとめて指します。

費用は安ければ10万円以下の所もありますので、とにかく安くしたいのであれば色々調べてみると良いです。

一般的なお墓参りと意味合いが変わってくる可能性がある

一方デメリットもいくつかあります。
まずお墓参りの意味がよく分からなくなるという点です。

一般的なお墓参りは、寺院の敷地内に土地を借りて、家や個人の墓石を建てるという形式がほとんどです。
しかし永代供養墓は、墓石の掃除をしてから、花やお供え物を置いて、線香を立てて手を合わせるという従来の形とは大きく異なる為、従来のような形式を想像していると戸惑う可能性があります。

特に先祖代々の敷地であったり、墓石に対して強いこだわりや思いを持っている人にとっては、お墓参りしている意味がよく分からなくなる可能性があるので注意が必要です。

逆に、それ程頻繁にお墓参りをするのが難しい人や、墓石自体にこだわりのない人にとっては合っています。
もちろん永代供養墓といっても色々形式はあり、きちんと骨壷や位牌と向き合って、お線香をあげる事が出来るような所も沢山あるので、こうした形式にこだわりたい人はそちらを選びましょう。

一度合祀されてしまうと二度と遺骨を取り出す事が出来ない

また、一度合祀されてしまうと二度と遺骨を取り出す事が出来ないというのもデメリットの一つです。
何故なら遺骨は、一定の年月が経つと、他の個人の骨と一緒に合わせて納骨され供養されるのがほとんどだからです。

一定の年月といっても様々で、長い場合は50回忌の法要が終わるまできちんと管理してくれるところもあれば、早ければ数年という所もあります。
中には最初から合祀してしまう寺院もあります。

その為、一度合祀されると、どの骨が遺骨なのか判別出来なくなる為、取り出す事は出来ませんし、見ず知らずの人の遺骨と一緒に埋葬される事に抵抗を感じる人は止めておいた方が良いです。

とにかく合祀してしまうと、もう後戻りは出来ないので、後に子供や孫が新しいお墓を作ったのでそこに入れたいと思っても出来ないという事はよく知っておくべきです。

どうしても合祀されるのは嫌だという人は、費用によっては半永久的に個別に遺骨を管理してくれるところもありますので、墓石はいらないが、他人の遺骨と一緒になるのは嫌だという人は、そうした寺院を探しましょう。

親族の理解をどのように得るかもポイントになる

他にも、親族の理解を中々得にくく、きちんと家族間で合意をしておかないと後々トラブルになりかねないという点もデメリットです。
お墓の問題は個人の問題ではなく、家族や親族の問題でもあります。

たとえ自分が望んだとしても、勝手に申し込みをしてはいけません。必ず子供や孫といった家族や親戚等の合意が必要です。
特にお墓を既に持っているのに、それを全て引き払うという事になると、大きくもめる可能性があるので、話し合いをするというのは絶対条件です。

自分が死んだ後に子供に負担をかけたくないという気持ちも分かりますが、子供にも考えはあるので自分一人で突っ走らないようにしましょう。
永代供養は近年増え始めてはいますが、それでもまだまだ世間に浸透しているとは言えません。

先祖代々の墓を守ってきた人や信心深い人にとっては、否定的な考えを持っている人も少なくありません。
こうした否定的な考えを自分の家族や親戚が持っている可能性もあるので、とにかくよく話し合って、どうするかを決めていく事がトラブルを避ける最善の方法です。

 

※横浜で永代供養墓をお探しなら我逢人がおすすめ


地震による火災を防いでくれる感震ブレーカー

Posted on

地震対策は行う必要がある

世界でも有数の地震大国である日本では、毎年大規模な地震が起きています。

一昔前までは地震が起きる地域は国内の一部で、多くの地域では人命を奪うような大地震は起きないと言われていましたが、今ではそのような考え方は通用しません。

建物が倒壊し人命や財産を奪う地震は、日本国内ならどこでも起きる可能性があるという考え方が常識です。
ですから建物はしっかりと地震対策をして、安全性を高めておかなければいけません。

地震対策としてまず始めに行うのは、建物の倒壊を防ぐ耐震性を向上させることでしょう。
大地震が起きても建物が倒壊しないほど強度を上げたり、地震の揺れを少なくする免震構造にするなどです。

耐震性を上げたり免震構造を取り入れている建物なら、大地震が起きても倒壊する可能性は減らせます。
建物の倒壊を防げば室内で命を落としたり怪我をしたりするリスクも減らせるので、国が耐震基準を設けて強度を上げるようにしています。

地震で怖いのは大規模な火災

しかし巨大地震において命や財産を奪う原因は、建物の倒壊だけではありません。
火災も命や財産を奪う大きな原因の一つで、1995年の阪神・淡路大震災では大規模な火災が発生し多くの市民が死亡しました。

大地震が起きたときに火災が発生すると、消防が機能せず満足な消火活動を行うことができません。
そのため延焼を繰り返し被害の範囲が拡大していくので、まずは火災を起こさせないことが大切になります。

地震によって火災が起きる原因の一つは、電気です。
ショートした電気が周囲のものに燃え移り、そこから大きな火災に発展することがわかっています。

また大地震が起きると送電施設を点検するために、電力会社は意図的に停電させます。
停電して問題となるのは、電力が復旧したときです。

電力が復旧したときに倒れた電化製品が原因で火事が起こり、そのまま大規模火災が発生することもあります。
実際に阪神・淡路大震災で起きた火災の原因は、停電から復旧したときの二次災害が6割に達したと言われています。

二次災害を防ぐために効果的なのが感震ブレーカー

通常なら停電して復旧しても、危険な電化製品は倒れておらず火災が起きる可能性は低いです。
また地震直後は住民も避難をし、室内は荒れた状態になりブレーカーもそのままでしょう。

ですから停電から復旧したときに二次災害が起きる危険性は高く、あらかじめ備えをしておかなければいけません。
電気が復旧したときの二次災害を防ぐために効果的なのが、ネオコーポレーションなどの企業が提供している感震ブレーカーです。

※参考ページ
ネオコーポレーション 評判

感震ブレーカーは震度5強以上の巨大地震が起きると、加速度センサーで感知し分電盤の主幹ブレーカーを強制的に遮断します。
そのため住民が避難をするときにブレーカーを切り忘れても、すでに遮断してあるため電気が復旧したときに二次災害が起きるリスクは減らせます。

耐震性を高めて巨大地震から建物を守ることができても、火災への備えが脆弱では被害を完全に防ぐことはできません。
地震対策と言えば建物を強くする耐震性ばかり考えてしまいますが、火災を起こさせないためにも感震ブレーカーは設置しておくべきでしょう。

感震ブレーカーは大手電機メーカーから発売されており、様々な機能が付いています。
例えば夜中に地震が起きたときにすぐに電気をストップしてしまうと、暗闇の中で避難しなければいけません。

地震が起きた後は部屋中煮物が散らばっていて危ないですから、暗闇の中避難するのは危険性がかなり高いと言えるでしょう。
そのため大手電機メーカーでは、一定時間後にブレーカーを落とす仕組みを設けています。

地震が起きてすぐにブレーカーを強制的に落とすのではなく、電力が供給されていれば数分後に停電させることによって、住民が安全に避難できる時間を確保しています。

説明書を見ながら専門知識がない人でも設置可能

また取り付けも非常に簡単で、専門業者を利用せず一人でできる製品が多いです。
専門業者に取り付けを依頼するとなると、大がかりな工事をイメージし建物に導入しにくいでしょう。

しかし実際は工具も不要で取り付けられる製品が多く、説明書を見ながら専門知識がない人でもできます。
自分で取り付けるタイプならわずか数千円で購入できますから、建物の安全性を保つために必要な出費としては、破格の安さと言えるでしょう。

もちろん購入時には建物に適した製品を選ぶためにある程度の専門知識は必要ですが、ネット上には選び方の解説をしていたり、各社の感震ブレーカーを比較しわかりやすく説明するサイトもあります。

こうしたサイトを見て情報収集をしつつ、販売店のスタッフに質問をすれば迷わず最適な製品を選べるでしょう。
住宅を建てるときは、耐震性を上げて巨大地震に備えるという考え方は一般的になりました。

そのため最近では耐震基準を参考に住宅を選んだり、住宅メーカーや工務店も大々的に宣伝しています。
しかい地震による被害は、揺れだけではありません。

火災も命や財産を奪う大きな原因となるので、本当に被害の少ない建物にするなら感震ブレーカーを設置しましょう。


スマートフォン利用者が知っておきたいこと

Posted on

スマートフォン利用者が知っておきたいポイント

スマートフォンは契約するキャリアやプランによって、月額料金は大きく異なります。

近年は通信サービスを安く提供するMVNOの登場により、3大キャリアに比べ月々の通信費を大幅に節約できるようになっています。

ポイントとなるのはSIMフリー端末です。

スマートフォンは、加入者を特定するためSIMカードをセットした状態で利用しますが、かつてはキャリアごとにひも付けされていたため、キャリアを変える際には特別な手続きを必要としました。

現在も契約者がある程度の期間内に手続きしなければ、端末のSIMロック解除ができないようになっていますが、一部のキャリアの端末を系列のMVNOで利用する場合に限り、解除の手続きは必要ありません。

これらの制約に関係なく、SIMを自由に入れ替えて使用できるのがSIMフリー端末です。

SIMフリー端末は、各キャリアのほかMVNO事業者でも販売しており、キャンペーン時には格安で販売されています。

iPhoneなどの人気機種の場合、新品の一括購入では10万円を超えることもありますが、ほとんどのプランが割賦購入で月々の割引制度が適用されるため、3大キャリアでも毎月払う実質の端末代金は1000円から2000円程度となります。

ただしあくまでも端末代金に限った話ですから、割賦購入の場合通話料やデータ通信量を加えると、月々6000円から7000円程度は必要です。

節約したい場合は「格安SIM」を扱っているMVNO事業者との契約がおすすめ

毎月の使用料も含めて節約したい場合は、「格安SIM」を扱っているMVNO事業者との契約がおすすめです。

格安SIMは月々のデータ通信量を制限し、上限に達した場合はそれ以降通信速度が128kbps等に抑えられる反面、月々の使用料は2000円から4000円程度で済みます。

低価格の端末も用意されているため、端末やプランによっては月々2000円程度で済むことも珍しくありません。

どうしてもiPhoneを使いたい人は、iPhone SEがおすすめです。

iPhone SEは5sの後継機種で、機能は最新機種に比べ劣りますが、iOS端末に変わりありません。

MVNO事業者との契約であれば、月々3000円から4000円程度での利用も可能

MVNO事業者との契約であれば、月々3000円から4000円程度での利用も可能です。

かつてフィーチャーフォン時代には、10円端末が存在しました。

10円端末は初期費用わずか10円のみで購入できる端末で、主にあまり人気の無い製品に見受けられましたが、携帯電話の機種や機能にこだわらない人たちには人気でした。

スマートフォンにも格安で購入できる製品が存在するものの、3大キャリアの場合は割賦料金が上乗せされ、結果的に月々の利用料金がやや高くなってしまいます。

MVNO事業者の中には、SIMフリー端末の旧機種を格安で販売している業者も存在します。

キャンペーンやタイムセールでは、一括購入価格が100円から500円程度で販売されることもあり、月々の利用料金も通信データ量が2GB以下のプランを選択すれば2000円程度で済みます。

MVNO事業者での一括購入は割賦販売と違い、端末代金が上乗せされませんから通信費の節約に適しています。

注意点は、故障等が発生した場合に対処できる補償プランは、別途料金が必要

注意点としては、故障等が発生した場合に対処できる補償プランは、別途オプション料金が必要となることです。

補償プランは業者や条件にもよりますが、一般的なもので月額500円から1500円程度なりますから、ある程度の安心感も求める場合は月々3000円から4000円は必要となります。

MVNO業者は、過去の利用状況によっては審査が通らないことがある

MVNO業者は、3大キャリアいずれかの系列となっているため、過去の利用状況によっては審査が通らないことがあります。

端末を一括購入する場合は、単純に回線契約に関する審査のみとなり、問題が無い限り審査落ちはありません。

審査落ちの致命的な原因となるのは、割賦料金や携帯電話利用料金の未払いですが、一括購入の場合は携帯電話利用料金の過去の未払いが問題となります。

過去の利用料の未払い履歴は、TCA加入団体によって共有されるため、3大キャリアやMVNO事業者以外でも契約を断られる可能性があります。

TCAに記録された事故情報は5年間で自動的に消去されますが、未払いのあるキャリアには事故情報として残るため、系列のMVNO事業者も含めて審査に落ちやすくなります。

それ以外のキャリアやMVNO事業者であれば、5年以上経過した後の契約は可能です。

割賦料金の未払いは適用範囲が広いため、携帯電話利用料以上に注意が必要となります。

割賦料金の支払いが61日以上未払いとなった場合、信用情報機関に事故情報として登録されます。

3大キャリアやMVNO業者に限らず、クレジットカードやカードローン等の審査もほぼ通りません。

信用情報機関に登録された事故情報は、未払いや債務整理が5年間、自己破産していれば7年間残り、この期間が過ぎれば自動的に消去されますから、他社であれば契約は可能です。

当該キャリアには記録としていつまでも残るため、同系列のスマモバなどのMVNO業者も含めて契約は難しくなります。

完済することで契約可能となるケースもありますが、一部のキャリアは完済しても契約を拒否される可能性があります。

[PR]スマモバ


格安でお得なスマモバ

Posted on

■スマモバの特徴とは

現在安く利用できるSIMはさまざまな会社がサービスを提供していますが、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供する格安SIMであるスマモバが注目されています。

スマモバの特徴として、決められた時間内はLTEが使い放題というものがあります。

これは常時LTEを使い放題とするよりもデータ通信料を安くする事ができ、月々の使用量を安くしたい利用者にとってはありがたいサービスです。

またスマホやタブレット、ルータとセットでお得になるサービスも展開しています。

スマモバで取り合うデータ量としては1GB、5GB、LTE使い放題というのがあり、他にもシンプルバリュープラン、ナイトプラン、プレミアムプランというものがありそれぞれ特徴があります。

シンプルバリュープランは音声SIMとFREETELLの格安スマホがセットとなったプランであり、低速通信のみ利用出来ます。

■スマモバの利用料金について

普段は通話やLINE程度しか使わなければこれで十分であり、利用料金を抑える事が出来ます。

ナイトプランは深夜1時から朝9時までの夜間から朝にかけて高速LTEが使い放題になるプランであり、日中は仕事などで通信しない人や深夜帯に利用が多い人にはお得なプランです。

プレミアムプランは平日の深夜1時から午後5時まで高速LTEが使い放題になります。

日中通信を行なうという人に向いていますが、その他の特徴としてスマートチャージが行なえます。

スマートチャージとはデータ通信容量が自動的に追加されることで、使用するデータの量に応じて料金が変わってきます。

普段はあまり通信しないので料金は抑えたいけれど、大きなデータを取り扱う事もあるというケースであれば、使う時以外は利用料金を安くする事が出来ます。

■郊外などでも快適に通信可能

通信の品質やエリアはdocomo系のMVNOの為、安心して使用する事が出来ます。

郊外などに行くと繋がらなくなるという事も少なく、どこでも快適にデータ通信が出来ますし、デザリングやWi-Fiなども利用できるので、あらゆる状況での活躍が期待出来ます。

スマホやタブレット、ルータとセットで購入出来るので、これから使ってみたいという人にはオススメです。

スマート定額通話プレミアムを利用すると月額918円で国内通話が10分まで回数無制限でかけ放題になるので、短い通話を数多くする機会がある人などには向いています。

スマモバの利点としてコストパフォーマンスに優れているという点が挙げられます。

お得にSIMを利用したいという時には有力な選択肢の1つなるでしょう。

 

※「スマモバは速度やエリアは申し分なし!無制限使い放題も事実でした。」より引用