新薬の開発には膨大なコストと時間が掛かるのです

Posted on

街中にある調剤薬局で薬を購入するメリット

身体の具合が悪くなると病院で診察を受け、必要に応じて薬の処方が行われます。

以前は、薬は病院の薬局で受け取ることが出来ましたが、医薬品の管理が大変などの理由から、現在では街中にある調剤薬局に出掛けて薬を購入しなければならなくなっています。

大学病院などの場合、処方箋は会計時に受け取ることになるわけですが、病院の規模が大きければ大きいほど、会計処理までの時間が掛かる、人によっては病気ではない付き添いをしている人が長時間待たされて、何だか具合が悪くなったように感じるケースも多いようです。

病院での待ち時間は長いなどと言われていますが、具合が悪くない人でも長時間待たされてしまうわけですから、体調が悪くて病院に来ている人はなおさらと言えます。

しかしながら、薬を病院で貰わなくなると、その分待ち時間が減る、調剤薬局であればどこでも薬を購入出来るわけですから、比較的空いているお店を選べば待ち時間の短縮にもなるメリットもあるのではないでしょうか。

病院で処方をして貰っている薬には薬価と呼ぶものがあるのをご存知でしょうか。

薬価とは病院での医薬品における公定価格、厚生労働省が薬価基準を決める、この決め事は国の情報誌でもある官報に告示が行われるなどの特徴を持っています。

一般的に治療で利用する医薬品および診察費用は国が負担を行っているので、健康保険を使えば3割の負担で済みます。

ジェネリック医薬品のメリット

しかし、大量に医薬品の処方が行われた場合や利用頻度が多い場合などでは薬代だけでかなりの金額になってしまう、経済的な負担も大きくなりかねません。

病気をしなければ治療費や医薬品代も掛からないわけですが、病気は健康維持をつとめていても発症することがあるわけですから、生活費の中には医療費と言うくくりのお金を用意しておかなければならないわけです。

最近は後発医薬品と呼ぶものに注目が集まっていますが、後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ぶもの、新薬の特許が切れた後は、別の製薬会社が同一成分の薬を開発、それを販売出来るようなシステムを持ちます。

後発医薬品には、価格が安い、薬の効果は先発医薬品と同等などのメリットや特徴があるので、積極的にこうした医薬品を求める患者さん、病院側も患者さんの負担を減らす目的で後発医薬品を勧める専門医もいます。

同じ効果を持つもので、値段が安いのであれば後発医薬品の方が断然お得、これなら生活費も助かると感じる人も多いわけです。

新薬が高い理由

東洋新薬などの製薬会社で新薬の開発するには膨大なコストおよび時間が掛かると言われていますが、この間に新しい医薬品が他の製薬会社で開発されてしまうと、コストが無駄になってしまう、大きな利益を失うことになりかねません。
(参考サイト:東洋新薬求人

そこで、開発を進める中で、新薬の特許を出願、それが認定されると同時に開発を進めて行けば、他の製薬会社は開発が出来ませんので、独占的に薬の研究を行えるようになります。

新しい薬が誕生するまでには、研究が繰り返し行われる、研究の中ではモルモットを使った生体実験などもありますし、ある程度信頼性が築き上げられると、今度は人を使った研究を行います。

人を使った研究と聞くと、人体実験などのイメージもあるかと思われますが、これは治験と呼ぶもので、薬を開発するためには欠かせないものです。

薬の有効成分はどのような効果が期待出来るのか、副作用の生じ方には何があるのか、普段何気に使っている薬はこうした工程を経て誕生しているため、価格が高くなるのは当然のことです。

しかし、この高い薬も特許期間が過ぎれば他の会社が開発出来るようになる、後発医薬品には新薬とは違い、膨大なコストが掛かりませんし、開発期間も短いなど、コスト全体が安くなる関係からも、薬価自体が下がる、経済的な負担軽減が出来るなどのメリットに繋がって来るのです。

所で、最近は薬局ではなく個人輸入代行店と呼ぶ通販店を使って薬を購入する人も多くなっています。

個人輸入代行店は海外から輸入を行って通販店の中で販売を行っている業者さんです。多数の業者さんが存在しているようですが、ネットの中での販売は評判などが重要なポイントになって来るので有名なお店ほど人気が集まっています。

逆に、人気がないお店の中には価格がかなり安いケースもあるのですが、こうしたお店で購入した場合、粗悪な商品や偽物など、利用すべきではないものを販売していることもあるため注意しなければなりません。

海外の薬は厚生労働省が認可を行っていないもので、自己責任の中で使わなければなりません。

値段が安いのでお得だと考える人は多いかもしれませんが、悪質な業者も存在していますので、個人輸入代行を使うのであれば、信頼出来るお店、評判を多数持っているお店を使いましょう。

尚、個人輸入代行店で購入出来る医薬品には、新薬もありますが、後発医薬品のケースが多く、海外のドルレートでの販売になる関係からも円相場に応じて価格が変わります。