テレビに引っ張りだこの林修先生

Posted on

本職は東進ハイスクールの予備校講師の林修先生

クイズ番組やバラエティなどで大活躍している林修先生。

本職は東進ハイスクールの予備校講師なのです。

テレビに出ている合間にも、今でも授業を行っているようです。

林先生の授業はやはり生徒からとても人気があります。

群を抜いて圧倒的な支持を受けているのです。

授業を行うとなると、応募が殺到するため運が良くないと受けられないかもしれません。

東進ハイスクールの衛生予備校である東進msgなら林先生の授業を受けることができます。
(※参考サイト・・・東進msg評判

林先生の授業なら、東進ハイスクールの生徒でなくても受けてみたいものです。

きっと聞きやすくて興味深い授業なのでしょう。

林先生は子供の頃から文学好きでした。

小学校時代も本が大好きで、菓子パン片手に本を読んでいたみたいです。

そのせいで肥満気味で「デブメガネ」とい言うあだ名まで付いていました。

中学生では1000冊を超える本を読破しています。

今まで読んだ本の総数は、きっと多すぎて把握できていないかもしれません。

そしてこの太った体型は大学生まで続きます。

林先生は、東京大学法学部出身のエリート

出身大学は日本を代表する東京大学です。

法学部を卒業しているエリートでした。

頭の良さは昔からなのです。

しかし体重は100㎏を超えてしまいます。

高校は男子校だったため、見た目を気にすることもなかったのでしょう。

ここからあることがきっかけでダイエットに励むことになるのです。

大学時代に出席したコンパで女性の陰口を聞いてしまいます。

「あんなデブと付き合うわけがない」の一言です。

この言葉がとてもショックで衝撃を受け、ダイエット心に火を点けました。

頑張って半年で70㎏まで減量することに成功です。

実は数回のリバウンドで100㎏の間を行ったり来たりもあったそうです。

今ではすっかり痩せてリバウンドの心配もなさそうです。

スッキリした体型の林先生ですが、昔は驚くほど太っていたのことは、知らなかった人も多いでしょう。

大学卒業後はとある銀行に就職します。

しかしたった半年で依願退職するのです。

「この会社はもうすぐ潰れる」と即座に判断したためです。

予感が的中してその銀行は思った通りに破たんしました。

頭のキレがこんな予感も敵中させてしまうのです。

その後は株やギャンブルなどにはまったり、事業を始めても何度も失敗続きです。

今とは違い、上手くいかない時代も経験しているのです。

そのため1000万円以上の膨大な借金を背負うことになります。

借金を返すために東進ハイスクールで働き始めた

この借金を返すために新たに働き始めたのが、東進ハイスクールだったのです。

ここで今の林先生が作られるわけです。

林先生の名が世に知られるようになったのは、東進ハイスクールのCMがきっかけです。

数々の個性的な講師が沢山出てくるCMですが、その中でも負けじとインパクトを残したのが林先生でした。

キメ台詞「いつやるか?今でしょ!」は誰もが知っている名言でしょう。

様々なバラエティ番組などで、芸人さんたちがモノマネしたりで話題の人になりました。

一度聞いたら頭から離れないセリフは、とても流行りました。

キメ台詞「いつやるか?今でしょ!」で流行語大賞を受賞

短いけれど説得力のある言葉は、林先生らしさが出ています。

さらにこの言葉で流行語大賞も受賞。

ますます林先生のテレビでの活躍が目立つようになるのです。

数あるクイズ番組では解説なども交えて、とてもわかりやすく面白い解説をしてくれます。

雑学を紐解くバラエティ番組では、知識の豊富さに驚くことでしょう。

現在で多くの番組に引っ張りだこなのは知っての通りです。

幅広い分野で活躍を見せる林先生ですが、プライベートも気になる所です。

趣味は野球やシャンパン、靴磨きに競馬と独特

先生は趣味に野球やシャンパン、靴磨きに競馬などをあげています。

趣味もなかなか独特なのです。

借金を背負うきっかけになったギャンブルですが、競馬は今でも好きで趣味として楽しんでいます。

一度痛い目を見たので、もう失敗することは無いでしょう。

きっと借金もすっかり返したことと思います。

家族は奥さんと2歳の子供がいます。

奥さんは12歳年下のようです。

以前テレビでも奥さんを披露していましたが、とても綺麗で可愛い女性です。

しかも女医さんだそうで、実に才色兼備の奥さんをもらったのです。

テレビに出ている時は威厳ある頼りになる印象ですが、家では奥さんに怒られることも多いみたいです。

最近も手の洗い方を注意されたと言っていました。

結構子供っぽい一面もあって可愛いです。

今まで子供はいないと言っていた林先生ですが、今年に入って突然子供がいることをカミングアウトしています。

子供の性別や詳しいことは公表していませんが、すでに2歳になっているようです。

噂では男の子ではないかと言われています。

こんな両親ならきっと優秀な子に育つのでしょう。

林先生に直接勉強を教えてもらえるなんて羨ましい限りです。

現在年齢は50代ですが、実年齢よりも若く見えます。

様々なことから刺激をもらい、今でも勉強の日々はきっとイキイキとしている秘訣かもしれません。

これからは一体どんな一面を見ることができるのか、とても楽しみです。

林先生の知識と持ち味を生かし、活躍し続けて欲しいです。


新薬の開発には膨大なコストと時間が掛かるのです

Posted on

街中にある調剤薬局で薬を購入するメリット

身体の具合が悪くなると病院で診察を受け、必要に応じて薬の処方が行われます。

以前は、薬は病院の薬局で受け取ることが出来ましたが、医薬品の管理が大変などの理由から、現在では街中にある調剤薬局に出掛けて薬を購入しなければならなくなっています。

大学病院などの場合、処方箋は会計時に受け取ることになるわけですが、病院の規模が大きければ大きいほど、会計処理までの時間が掛かる、人によっては病気ではない付き添いをしている人が長時間待たされて、何だか具合が悪くなったように感じるケースも多いようです。

病院での待ち時間は長いなどと言われていますが、具合が悪くない人でも長時間待たされてしまうわけですから、体調が悪くて病院に来ている人はなおさらと言えます。

しかしながら、薬を病院で貰わなくなると、その分待ち時間が減る、調剤薬局であればどこでも薬を購入出来るわけですから、比較的空いているお店を選べば待ち時間の短縮にもなるメリットもあるのではないでしょうか。

病院で処方をして貰っている薬には薬価と呼ぶものがあるのをご存知でしょうか。

薬価とは病院での医薬品における公定価格、厚生労働省が薬価基準を決める、この決め事は国の情報誌でもある官報に告示が行われるなどの特徴を持っています。

一般的に治療で利用する医薬品および診察費用は国が負担を行っているので、健康保険を使えば3割の負担で済みます。

ジェネリック医薬品のメリット

しかし、大量に医薬品の処方が行われた場合や利用頻度が多い場合などでは薬代だけでかなりの金額になってしまう、経済的な負担も大きくなりかねません。

病気をしなければ治療費や医薬品代も掛からないわけですが、病気は健康維持をつとめていても発症することがあるわけですから、生活費の中には医療費と言うくくりのお金を用意しておかなければならないわけです。

最近は後発医薬品と呼ぶものに注目が集まっていますが、後発医薬品はジェネリック医薬品とも呼ぶもの、新薬の特許が切れた後は、別の製薬会社が同一成分の薬を開発、それを販売出来るようなシステムを持ちます。

後発医薬品には、価格が安い、薬の効果は先発医薬品と同等などのメリットや特徴があるので、積極的にこうした医薬品を求める患者さん、病院側も患者さんの負担を減らす目的で後発医薬品を勧める専門医もいます。

同じ効果を持つもので、値段が安いのであれば後発医薬品の方が断然お得、これなら生活費も助かると感じる人も多いわけです。

新薬が高い理由

東洋新薬などの製薬会社で新薬の開発するには膨大なコストおよび時間が掛かると言われていますが、この間に新しい医薬品が他の製薬会社で開発されてしまうと、コストが無駄になってしまう、大きな利益を失うことになりかねません。
(参考サイト:東洋新薬求人

そこで、開発を進める中で、新薬の特許を出願、それが認定されると同時に開発を進めて行けば、他の製薬会社は開発が出来ませんので、独占的に薬の研究を行えるようになります。

新しい薬が誕生するまでには、研究が繰り返し行われる、研究の中ではモルモットを使った生体実験などもありますし、ある程度信頼性が築き上げられると、今度は人を使った研究を行います。

人を使った研究と聞くと、人体実験などのイメージもあるかと思われますが、これは治験と呼ぶもので、薬を開発するためには欠かせないものです。

薬の有効成分はどのような効果が期待出来るのか、副作用の生じ方には何があるのか、普段何気に使っている薬はこうした工程を経て誕生しているため、価格が高くなるのは当然のことです。

しかし、この高い薬も特許期間が過ぎれば他の会社が開発出来るようになる、後発医薬品には新薬とは違い、膨大なコストが掛かりませんし、開発期間も短いなど、コスト全体が安くなる関係からも、薬価自体が下がる、経済的な負担軽減が出来るなどのメリットに繋がって来るのです。

所で、最近は薬局ではなく個人輸入代行店と呼ぶ通販店を使って薬を購入する人も多くなっています。

個人輸入代行店は海外から輸入を行って通販店の中で販売を行っている業者さんです。多数の業者さんが存在しているようですが、ネットの中での販売は評判などが重要なポイントになって来るので有名なお店ほど人気が集まっています。

逆に、人気がないお店の中には価格がかなり安いケースもあるのですが、こうしたお店で購入した場合、粗悪な商品や偽物など、利用すべきではないものを販売していることもあるため注意しなければなりません。

海外の薬は厚生労働省が認可を行っていないもので、自己責任の中で使わなければなりません。

値段が安いのでお得だと考える人は多いかもしれませんが、悪質な業者も存在していますので、個人輸入代行を使うのであれば、信頼出来るお店、評判を多数持っているお店を使いましょう。

尚、個人輸入代行店で購入出来る医薬品には、新薬もありますが、後発医薬品のケースが多く、海外のドルレートでの販売になる関係からも円相場に応じて価格が変わります。


谷尾和昭氏に聞く!国内旅行に行くときに知っておくべきこと

Posted on

旅行のプロ谷尾和昭氏に聞いた!

旅行に慣れている谷尾和昭のような人は、その醍醐味を知っているため一生のうちで何度でも旅を経験することになります。
多くの人は、旅行は現地を出発したときではなく、到着したときが始まりと考えている傾向があります。

ですが、谷尾和昭のような愛好者ほど計画を立てる段階からすでに始まっていると感じています。
つまり、計画を人に立ててもらっている時点で本当の旅とは言えません。

計画を立てる段階で、あれこれ考えることが非常に楽しく頭の中からわき出るイマジネーション自体が一種の旅であると谷尾和昭は熱く語っているのです。

※「谷尾和昭のすべて」も参考

鉄道で行く場合であれば、時刻表の時間を見ながら乗ることができる列車を探すのも楽しみの一つです。
また、インターネットなどでどこの旅館やホテルに泊まるかを考えることも旅の一つと言えるでしょう。

さらには、どのような工程で行くかを考えることも旅の一つになります。
行程を考えるにあたり、様々な仮説を立てて時間内でもあることができるかを考えていきます。
可能な限り有意義に過ごすならば、1日の中でたくさんの場所に行くのがよいかもしれません。

ですが、本物の愛好者たちはあまり多くの場所を回らず移動することや1か所にじっくりととどまることを選択しやすいです。
あわただしく様々な場所に行くと一つ一つが印象に残りにくくなってしまうため、たくさんの場所もまわることを有意義とは考えないわけです。

観光地にもこだわる谷尾和昭氏

観光地は、多くの人が集まる場所を選ぶよりもあまり人が集まらないような所を選んでいったほうがよいです。
もちろん、多くの人が観光する場所を訪れてもよいかもしれませんが、そのような場所はそもそもたびに慣れてない人がいくようなところです。

人ごみの中に紛れて名物と呼ばれるものを見に行ってもよいかもしれませんが、それよりも人があまり行かないところで新しい何かを発見した方がより魅力的に過ごすことができます。

目的地に行くときの移動時間はもったいないと考える人がいるかもしれませんが、移動している途中に車窓から見える景色も素晴らしいです。
例えば本州から北海道に行く場合には、北海道特有の煙突がある屋根を多く目にすることになるでしょう。

また、玄関が二重になっており積雪の対策が施されているようなところも少なくありません。
移動時間は眠る時間ではなく外の景色を楽しむ時間と考えれば、移動時間を十分楽しむことができるようになります。

洋服をはじめとする荷物は、可能な限り少なくした方がよいでしょう。
初心者ほどたくさんのものを持って行き重たい荷物を二つぐらい抱えて移動している傾向にありますが、これは本来の旅行とは少しかけ離れたものになってしまいます。

確かに、様々な場面を考えると洋服もたくさん持っていきたい気持ちがあるかもしれません。
ですが、旅慣れている人ほど荷物が少なく軽い恰好で移動することができるように工夫しています。

コインランドリーを活用して衣類は最小限しか持っていかない

例えば一泊二日程度ならあれば着替えはそれぞれ1着ずつでよいですが、3泊する場合でも旅の愛好者は着替えは1着ずつ持って行く人が多いです。

なぜそれだけ少ない量で過ごすことができるかといえば、途中でコインランドリーを利用して洗濯すればよいからです。
最近は、質のいい乾燥機が付いていますので、1時間もしないうちに洗濯と乾燥を行ってくれます。

宿泊するたびに洗濯機と乾燥機が設置されているところを選ぶか、宿泊先の近くにコインランドリーがあるところを選べば、荷物を最小限にすることができるだけでなく、移動が非常に身軽になります。

何度も全国各地を訪れていると、本当に自分にとって必要なものが分かってきて無駄なものを持って行かないようになるものです。

谷尾和昭氏が旅行にこだわる最大のポイント

旅行するときに、宿泊先で遊ぶためにトランプなどを持って行く人もいますが、修学旅行などであればそれでもよいかもしれません。
ですが、わざわざ家族などで宿泊をするのに時間をつぶすためのものを持っていくのは邪道です。
せっかく普段泊まることができない場所に泊まるのであれば、その時間をじっくりと楽しむ必要があります。

旅行のときには天気が重要になりますが、何度も観光地を訪れるうちに毎回晴れているわけではなく雨が降っていることも経験するでしょう。
室内の場所ばかりまわるのであれば雨が降っていてもそれほど問題ないかもしれません。
ですが、屋外の観光地をまわる場合は雨が降ると致命的になります。

この場合には、もう一つオプションを用意しておき雨が降ったとき用の計画を立てておくとが重要になります。
旅先で新たにどこに行くか決めるよりも、あらかじめ二通りのパターンを考えておくとで、直前に焦らずに済むことになるでしょう。

もし旅先で新たなルートを決めなくてはならないとすれば、それだけで時間がつぶれてしまい現地でのんびりすることができなくなってしまいます。
自宅に帰宅すると現実に戻されますが、違う見方をすれば自宅の良さを実感することを意味します。
やはり自宅は最高だと感じることが出来れば旅に出た意味があるでしょう。


芸能プロダクションに入ってからデビューまで

Posted on

芸能プロダクションについて

芸能プロダクションに入ればデビュー出来るか、その答えはNOです。

実は、デビューするためにはそれだけではなく、この時代だからこそ必要になるものがあるのです。

また、プロダクションへの入るきっかけによっても大きく変わってくるようです。

ほんの一握りの可能性を掴むにはどうしたら良いのでしょうか。

まず大切なのは、発信力のある人間であることです。

メディア側からしたら即戦力を求めるので、話題性や知名度があればあるほど良いのです。

したがって、SNSなどを使いこなして世間に自分をアピールしているような方以外はデビューさせるメリットが少ないと思われてしまう可能性が高いです。

SNSは、この時代になって必要性が高まってきたものということで、以前に芸能界デビューを目指していた人にはさほど求められていませんでした。

しかし、今はこれがデビューには大切なポイントとなってきているのです。

そして、驚くのが芸能プロダクションに入るきっかけも関係していることです。

自分で応募してくるような人はその時点でランクが下がる

実は、自分で応募してくるような人はその時点でランクが下がるのです。

厳しいことを言えば、スカウトをされないような人は相手にしない傾向はいなめません。

また、先に述べたようにメディアに売り込むにはメディアが求める人材である方がプロダクションも労力が省けます。

更に、売り込むためには莫大な費用がかかるので即戦力となる人材である必要があります。

だから、プロダクション所属の前に、例えば雑誌の専属モデルや読者モデルで活躍しているとか、国民の認知度が高くメディアが注目するようなオーディションで賞を取る、SNSで話題になっているという人は即戦力ですからプロダクションが欲しがる人材でしょう。

また、力のあるスカウトマンからのスカウトを受ける、コネを使うというのもプロダクションに入ってから良い展開が見込めるものになります。

つまり、話題を集めやすいという強みやコネがなければ芸能プロダクションに入れてもデビュー出来る可能性が薄いのです。

引用:リードワンプロモーション

では、スカウトやオーディションでプロダクションに入ってから、デビューできるということではないと冒頭に言いましたが、実はそのプロダクションの力が有力になります。

無名や知名度が低いプロダクションより沢山仕事がありますから、それだけデビューのチャンスか単純に多いということなので、小さな役でも貰える可能性が増えるのです。

まとめると、プロダクションに入ってデビューまで目指すなら、SNSやその他人々の注目を集める事、スカウトされる事、コネを使う事がデビューの可能性を高めると言えます。