未経験でも薬事申請のお仕事は可能か

Posted on

転職は基本的に経歴を問われるものです。
それまでどのようなお仕事に就いてきたのかによって経験値が変わります。
言い換えれば「出来る事」が変わってくるのですから、転職で経歴が問われるのは当たり前です。

未経験の業種に飛び込むのが大変なのはそのためです。
社会人としてのモラルや礼節等はしっかりと弁えているであろう事が解ったとしても、業務そのものでどれだけ力になってくれるのかは未知数になりますから、業界未経験ですと雇う側としても難しいのです。

では薬事申請に関してはといえば、こちらに関しても雇う側からすれば出来れば経験者を優遇したいという風潮となっているようです。
薬事申請のお仕事は専門的な知識がある程度必要になるのはもちろんですが慣れ、さらには薬事申請ならではな細かさに順応する事が出来るかどうかがとても大切なのです。

事務職に就いていた人であれば、ノウハウさえ理解すれば行えるとも言われている一方で、難しい部分があるのも事実です。
それもそのはず、薬事申請は医療に関するものの申請になりますので、医療関連の知識もそれなりに必要になってきます。

医師のように専門的な知識を暗記しなければならないほどではないにせよ、それでもある程度は覚えておかなければならない事もあります。
ですが、これはどのようなお仕事にも言える事です。どのようなお仕事でも、最低限覚えなければならない事はあります。

むしろ何も覚えなくとも行えるようなお仕事などそうそうありません。
その点を考えると、薬事申請のお仕事は決して「物凄く難しい」というほどではないのですが、雇う側からすると、出来れば業界経験者であって欲しいと思うのも事実です。

薬事申請がどのようなものなのかある程度理解してくれている方が話が早いですから。
ですが、業界未経験でも雇用しているケースも決して珍しくはありません。
結局は本人がどれだけ熱意を持っているか、薬事申請に関して向き合おうとしているかという姿勢が問われるのです。

業務内容 化粧品について|薬事許可申請(医療機器・化粧品)・INCI) マキ行政法務事務所