長崎材木店が考える自然の力を利用した家

Posted on

長崎材木店は、自然の力を利用した家の生活を考えています。

自然の恵みである太陽の光は、取り入れることも、遮断することもできます。

窓を開くと、自然お風が入ってきます。

風をいえるには、風の通り道をつくってやる必要があります。

暖房で暖めた空気や、冷房で冷やした空気は、簡単に熱を逃がしてはいけません。

効率的なエネルギー利用からも、断熱性能を高める必要があります。

設備機器は必ず壊れるものです。

それに対して、構造躯体は壊れてはいけないものです。

よりお金をかける必要があるのは、構造躯体のはずです。

長崎材木店は過度の設備機器に頼ることを嫌います。

自然の力をうまく利用することで、設備機器に頼らなくても生活が可能です。

住宅に対して最も大きな自然の力は太陽光です。

太陽光を取り込めば、暖房機気が無くても、室内が暖かくなります。

夏の暑い時期は、太陽光が入り込まない工夫が必要です。

太陽光は季節により差し込む方角や日射量が時刻により異なります。

太陽光の性質を利用することにより、夏も冬も、太陽光を味方にすることができます。

住宅を作るうえで考えたいこと

風は一つの窓だけでは入ってきません。

二か所以上の窓を設置し、風の通り道をつけることで、風は入りやすくなります。

部屋の中の空気が動くと、自然の換気ができます。

新鮮な外気を取り込んでおくことは、健康のために必要です。

風は下から上へも流れます。

家の中では、温められた空気が下から上へ上昇し、空気の流れをつくります。

この空気の流れを利用することで、冷暖房の効率を高めることができます。

空気を取り入れる部分は、床近くに設置してもかまいません。

低い部分から空気を取り入れることができれば、効率的に空気の流れをつくることができます。

住宅には十分な断熱が必要です。

暖房は暖房機器を使い、冷房はエアコンを使っても、熱が外部に簡単に漏れたのでは、効果が半減します。

熱を外部に漏らさないためには、断熱を良くすることが大切です。

断熱材が設置されていても、隙間があれば何にもなりません。

断熱材は隙間無く充填することが必要です。

屋根や壁以上に熱が逃げやすいのが窓です。

窓は壁に比べて極端に断熱性能が劣るので、窓の断熱性は建物全体に影響します。

窓の断熱には断熱サッシの設置が望まれます。

断熱サッシは暖房ばかりでなく、冷房の効果も高めます。

サッシと合わせて、ガラスの断熱性能を高めることも大切です。

断熱性能の高いガラスとして、Low-Eガラスがあります。

▶参考記事