子どもたちの未来のために活躍する畑恵

畑恵さんの経歴

畑恵さんといえば、平成7年~13年にかけて国会の参議院議員として各種委員会で活動的に議員活動をしていたました。

1984年に早稲田大学第一文学部を卒業後、NHKに入社。

「夜7時のニュース」を最年少で担当するなどキャスターとしての実力を備えていた優秀な人材です。

1989年にNHKを退局後、フリーランスのキャスターとして数々の報道番組などで活躍されました。

1995年には、日本の未来のために国会進出を果たし、参議院議員として6年間活躍されています。

当選当初の労働委員会委員をはじめ行財政改革や外務、予算など幅広く委員会活動に参加し国民のために働いてきたのが、畑恵さんです。

キャスター、参議院議員というだけでなく名門お茶の水女子大学から博士号を授与される学識ある人材です。

また、明治18年に創立された歴史ある作新学院の理事長としても現在活躍されています。

作新学院の概要

作新学院は、幼稚園、小学部、中等部、高等学校、女子短期大学、大学、大学院までそろっている総合学園です。

畑恵さんは「自らの頭で考え、自らの心で感じ、自らの意志に基づいて行動する人材」を育成するため多様性を重視する教育をおこなっています。

子どもたちの未来を考え、「すべては未来の子どもたちのために」と考える畑恵さんならではの教育方針が魅力的な学校だといえるでしょう。

子どもたちの未来を大切に考える畑恵さんの基本政策は、子どもたちに大人たちのツケを回すことの無い「物・心・環境すべてが豊かで活力のある日本」を目指すことです。

そのためにも、教育力・女性力・イノベーション力を大切にしています。

人間力を高めるための教育をしっかりとおこない、女性が無理なく子どもを育てながら社会で活躍できる環境の整備、イノベーション力により研究・開発された成果を実用化あるいやは産業化につなげることで社会をより豊かに改革していくことを目指します。

教育力では、教員の量から質への転換をはかり人間力の高い子どもたちの育成を進めることを重視しています。

女性が社計で無理なく活躍できるよう、時間や場所に制限されない勤務環境の整備や育児休業中の所得保証などを提案しているのが特徴です。

イノベーション力を高めるための政策として、府省庁にかかわりなく一元的な体制の構築により研究成果を高めることを考えています。

また、様々な既得権益を廃止することにより国益のための規制緩和をすすめ、民間に活力を与える方法を提案しています。